top of page

「働く」を改革する!​①

正規雇用につながる公的職業訓練の充実・就業までの伴走支援を!​




出産・子育てを機に離職した女性達はなかなか正規雇用に戻れません。​

以前は、下の表にあるM字カーブのMの凹みが深いことが問題とされていましたが、現在は女性の正規雇用率が年齢とともに下がっている右肩下がりのL字カーブが社会問題となっています。埼玉県で仕事に就いていない就業希望女性は21.8%で全国で4番目に高いというデータもあります。(H29年度)​


就職氷河期世代望まずに非正規の仕事に就いている方は、未だに県内で推計3万人おられます。​


野本れいこ政策

私が経験した再就職プログラムの実態

私は就職氷河期世代ど真ん中です。厚労省は、この世代で正規の仕事に就いていない人向けに様々な技能訓練→再就職のプログラムを用意しています。​

 私は昨年、「システム運用技術者」を目指すコースに参加し、計112時間に及ぶITに関する知識を学び、試験に合格し、就職支援を受けました。​

 しかし、企業の求めるスキルと私達の得たそれには大きなへだたりがあり、実際に正規の就職に結びついた人は1割程でした。せっかく多大なお金や時間をかけているプログラムなのに、もったいないと思う点がたくさんありました。​

 特に、東京都が行っているように、企業の現場でお試し期間のように働ける機会が設けられていたら、働く人も企業ももっといいめぐりあわせがあるのではないかと思います。​








最新記事

すべて表示

子育てと仕事を両立できる仕組みづくりを!​ ★正規雇用で働く男性、女性も長時間労働を見直し、ワークライフバランスのとれた生活ができるように企業への働きかけが必要です。​ ★男性の育児休業取得率(埼玉県 令和3年度は16.5%)を上げ、厚労省が認定している子育てのしやすい企業「くるみん認定企業」や、埼玉県が認定している「多様な働き方実践企業」を増やしていきます。 主婦のひとりごと 子育ては過ぎてみれ

オンラインを活用した国際交流を​ ★コロナや円安の影響で、海外に留学するハードルは高くなりましたが、オンラインを有効に使い様々な国の方と交流できれば、英語力の向上や国際感覚を養うチャンスはより多くの子供たちへ広げられます。​ ★一部の県立高校で行っている海外の高校生や大学生との共同探求型学習を、より多くの高校で行えるようにすべきです。​ ★他国の学生と学びあうなかで、世界の中での日本の立ち位置に気

bottom of page