top of page

安心して住み続けられる浦和区を作る​③

医療資源の充実を


埼玉県の人口10万人あたりの医師数は177.8人で全国ワースト1位(全国平均256.6人)(令和2年)。 高齢者(65歳以上)人口は約197万人(総人口の26.7%)で全国でも最も速いペースで高齢化率が上昇しています。


感染症の時代に備え、医師数のさらなる確保、病院間連携体制の構築をすすめていきます。


★訪問診療・訪問看護を行っている埼玉医大のモデル事業を参考にし、安心して住み続けられるまちをつくります。

最新記事

すべて表示

「働く」を改革する!​①

正規雇用につながる公的職業訓練の充実・就業までの伴走支援を!​ ★出産・子育てを機に離職した女性達はなかなか正規雇用に戻れません。​ 以前は、下の表にあるM字カーブのMの凹みが深いことが問題とされていましたが、現在は女性の正規雇用率が年齢とともに下がっている右肩下がりのL字カーブが社会問題となっています。埼玉県で仕事に就いていない就業希望女性は21.8%で全国で4番目に高いというデータもあります。

「働く」を改革する!​②

子育てと仕事を両立できる仕組みづくりを!​ ★正規雇用で働く男性、女性も長時間労働を見直し、ワークライフバランスのとれた生活ができるように企業への働きかけが必要です。​ ★男性の育児休業取得率(埼玉県 令和3年度は16.5%)を上げ、厚労省が認定している子育てのしやすい企業「くるみん認定企業」や、埼玉県が認定している「多様な働き方実践企業」を増やしていきます。 主婦のひとりごと 子育ては過ぎてみれ

Comments


bottom of page