top of page

「現庁舎地利活用について考える市民ワークショップ」の発表



昨日は先週に引き続き、移転が決まっているさいたま市庁舎の件で、「現庁舎地利活用について考える市民ワークショップ」の発表を聴きに伺いました。

5グループから発表があり、キーワードを挙げると「多世代交流」「普遍的」「イベントスペース」「芝生」「スポーツ施設」「屋根付き公園」「パブリックビューイング」「カフェ」「大学」「科学館」「美術館」「専門図書館」「核シェルター」「ウオーキングコース」、駅から遠いので「ゴンドラ」「LRT」などなど・・・

執行部からは、市民から出たアイデアは令和7年度にできる計画骨子案のケーススタディに入れていくとのお話でした。 参加者としては、まちづくりを通して自分の求めているものがわかり、市としては意見の傾向を掴むことができる。双方にとって有益なイベントであったと拝察しました。




Comments


bottom of page